2015年7月4日 by admin

こんなに違う!?部屋探しをするのに適した時期とは

選択肢を多くしたいのなら

誰しもなるべくいい部屋に住みたいものですよね。どのように部屋探しをするかというのは結構重要なことですが、部屋探しをする時期というものを考えると、もしかしたらより自分の好みの部屋を見つけやすくなるかもしれませんよ。たとえば、不動産業界はだいたい1月から4月のはじめくらいまでが繁忙期ですが、その時期に部屋探しをすることによって、たくさんの物件数の中から選り好みをすることができるようになり、より分母の多い中で部屋探しができますよ。

掘り出し物を探したいなら

掘り出し物物件を探したいのであれば、忙しい不動産業界の繁忙期を避けて、業界がそれほど忙しくない時期を狙うと良いでしょう。例えば、梅雨の時期あたりなんかは不動産業界も閑散期で、なかなか部屋探しをする人自体が少なくなるんです。なのでその時期に探し始めることによって、もしかしたら掘り出し物物件に出会えるかもしれませんよ。その時期は、不動産業界でも入居者集めに苦労していますから、交渉すれば条件が通りやすくなっているんですね。

費用面でも違いがある

部屋探しをする時期というのは、費用面でも違いが少なからず出てくるものです。その一番の違いとしては、引っ越しの費用です。引っ越しというのは時期によってずいぶん料金が変わってきて、不動産業界と同じように忙しい1月から4月くらいの間は、競争率も高くなるので総じて引っ越し料金も高くなる傾向にあるんですね。もし、こうした引越し料金を含めた初期費用をできるだけ安く済ませないのであれば、閑散期を狙って部屋探しをしてみるのもひとつの手ですね。

一戸建てに住んでいると簡単には引っ越すことが出来ませんが、札幌市豊平区の賃貸マンションなら賃貸なので好きなときに引っ越すことが出来るメリットがあります。